BricolaQ Blog (diary)

BricolaQ(http://bricolaq.com/)の日記 by 藤原ちから

マニラ滞在記4-7

 

マニラ滞在29日目、月曜日。ゆっくり起きて、Matalino通りにマッサージに行った。かなり強めにやられた(腰に立たれた)。この結果、わたしはしばらくダメージを受けることになったが、それは後日の話。

 

郵便局から、城崎の三人姉妹にエアメールを送る。18ペソくらい。郵便局には机のようなものがなく、炎天下で座って手紙を書いた。背後には常に気をつける必要があるので、走り書きで。

 

昼寝をした後、わたしはインタビューを受けることになっていた。予定時刻の1時間を過ぎて、Kei君(通訳)とJK(通訳)がやってきた。Brandon(カメラマン)が到着したのはさらに1時間後だった。まあもはやこのフィリピン時間にわたしも慣れている。むしろこの時間がもうすぐ終わることが寂しい。インタビューの中で、わたしはMarikinaでのENGEKI QUESTを振り返った。なぜわたしがここに来たのかも。

 

ジプニー先生のRalphも、ENGEKI QUESTにおいて何が起きたのか、コラボレーターとして証言してくれた。

 


夜はJKの家でパーティ。「どうしてRikiがここにいないの?」とClaudiaが嘆く。みんなで映画(TVドラマシリーズのファンタジー)を観て、ダラダラ過ごす。JKやBrandonが、さらに食べに行こう!と誘ってくれたが、疲れがあまりにひどいので、泣く泣く断って眠った。最後の夜だけど。無事に帰るまでは、気は抜けない。

 

 

 

▼同じ日の石神夏希さんの日記

http://natsukiishigami.com/2016/06/p13-2/

 

 

 

 

広告を非表示にする