BricolaQ Blog (diary)

BricolaQ(http://bricolaq.com/)の日記 by 藤原ちから

After the TPAM 2015

 
TPAM2015 had finished. But Sinta and Eisa are still staying in Japan. So we will continue to make more conversations and some research, and be seeking our possibility toward future.

 

I felt about this TPAM days, we were riding on a new field which was very different from last year’s one. There were many many interesting philosophies, views, visions, and perspectives which were brought by a lot of participants who had come from various cities.

 


And for me, I found some important points. "ENGEKI QUEST” is a research project, will infiltrate into deep layers of cities, histories, and literature. So, I need some local partners who are living there, maybe artists, producers, journalists or researchers. “ENGEKI QUEST” will be “dynamo” which make new relationships together with people, using by not electric power but human power.

 

“ENGEKI” means “theater” or “drama” in Japanese. I think “ENGEKI” is the art which is based on human activities and has big power which can change the situations of this world in spite of sometimes seems very very vulnerable.

 

And I’m also a critic or journalist. In this year or next years, I will visit some cities and performing arts festivals, in order to be watching pieces and meeting artists and researching for “ENGEKI QUEST”. I like “away” situation, I love to feel solitude. (but of course I also like to drink together with friends...!)
I will go there alone, and seek "invisible and unknown water vein” which are sleeping in deep layers of cities, histories, and literature.

 

 

最後に、今回も本当にたくさんの人にお世話になりました。宮永琢生ディレクターの無理のない(ように見える)感じと彼の人脈に、いかに精神的かつ具体的に助けられたことか……。彼が静かに構想し模索している「未来の演劇」に、今回のENGEKI QUESTはいい感じにフィットしたのではないかと思っています。そして作家として関わってくださった柴幸男くんと西尾佳織さん、トークに来てくれた危口統之くん、Sinta Wibowo、TPAMディレクターの方々、現場をかなり安定させてくれた制作・横井貴子とTheater zounohana&ヨコトリサポーターの仲間たち、「ただ居る」ことを可能にする空間と表紙ロゴをデザインしてくれたidoの青年チーム、ファミコン貸してくれた加藤仲葉ちゃん(これはあなたの作品なのか?、と海外の人に訊かれたりしました、笑)、多大なる協力をしてくださった急な坂スタジオと象の鼻テラスのみなさん、とあるピンチをサッと救ってくださった岡崎松恵さん、トーク通訳の山縣美礼さん、交渉をアレンジし背中を押してくださった門田美和さんとタン・フクエン、Akiko Okamotoさんら素敵な友人たち、そして素晴らしい翻訳で今回の仕事をひらかれたものにしてくれた並河咲耶さん……さらにはもちろんこのような機会を創出してくれたTPAM事務局の面々とボランティアスタッフのみなさん、とりわけ山崎奈玲子さんと藤井さゆりさんには直接的にお世話になりましたね。またアクロバティックなプレイでENGEKI QUESTの可能性を拡張してくれたレジェンドクエスターたち、生みの親であるblanClass、リサーチを促進してくれた演劇センターFと市原幹也、横浜の友人たち、コンセプトをより鋭くさせてくれた野村政之、そして今回世界デビューを果たしたドラマトゥルクでありかつ良き理解者でもあるMakiko Ochi……と謝辞は尽きません。

 

それにしても、去年のマンハイムと韓国での経験がなかったら、おそらく今回の様々なreflectionはなかったでしょう。「海外に売れたい」的な欲望と早々に距離をとれたのは結果的に良かった。面白い世界が見えてきました。Of courese now we have a lot of difficulties in “Asia”, but some possibilities are already running on this world.
Junnosuke Tada, Jooyoung Koh, Hiromi Maruoka, Makiko Yamaguchiに大きな感謝を。

 


写真は山本雅幸さんといつき君。At the last scene of Shimizugaoka Chronicle (one of the sequence of “ENGEKI QUEST”). twitterの写真があまりに素敵だったので勝手に拝借してしまいました。

 

 

f:id:bricolaq:20150216160943j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする