BricolaQ Blog (diary)

BricolaQ(http://bricolaq.com/)の日記 by 藤原ちから

20140212 『幼女X』

 

野村ディレクション、範宙遊泳の『幼女X』KAATバージョン。かなりいい感じで、なんだかいろいろなことを思って泣いてしまった。初演(新宿眼科画廊)でのあの狭い空間に濃縮された感覚はどうしてもなくなるけれど、薄まっているというよりはひろがっている感じを受けた。実はこの物語の主人公は「姉」なのだと考えると、また違って見えてくる。エレベーターに乗っているシーンがいい。

 

 

そのあと、黄金町に急ぐ必要があったのだが、ちょうど某嬢が、YCCまで急ぐというので、自転車の後ろに乗せていくことに。観劇後で解放感もあったのかもしれない。自転車を漕ぎながら、いろいろ話をした。横浜のこと。世界のこと。

 

黄金町で演劇センターF(仮称)の打ち合わせ。軍師のような心づもりで場に臨む。初対面のキュレーターの方はなかなかの人物のようだった。いろいろと面白い計画を聞いたので、想像力が膨らむ。今までにない世界が見えてきそう。

 

 

日ノ出町駅近くの栄屋という渋い大衆居酒屋で、あなご天や鯨刺しを食べたのだが、なかなかに美味い。そのあとは長者町のKといういつものパターンだった(これで紹興酒は4日連続か……)けど、横トリサポーターのアイドル(?)と呼ばれているTさんも来るなど、なかなか不思議な面子で飲んだ。

 

 

http://instagram.com/p/kUGRZQqsgP/

 

 

 

 

広告を非表示にする