BricolaQ Blog (diary)

BricolaQ(http://bricolaq.com/)の日記 by 藤原ちから

review

第60回岸田國士戯曲賞、一夜明けて

北陸新幹線の車内です。このタイミングでこれに乗れたのは何かのご縁かもしれません。タニノクロウさん、岸田國士戯曲賞受賞おめでとうございました。 予想対談、再掲しておきます。徳永京子さんとこの作品についてかなり熱く語っていますので、ぜひ読んでい…

アンジェリカ・リデル『地上に広がる大空(ウェンディ・シンドローム)』

アンジェリカ・リデル初日を観てきました。「ひとつだけ」をこれに賭けて良かったと心底思いました。あの広さで、スタンディングでブラボーと叫んだのがただひとりわたしだけで寂しかったけど全然かまいません。それは単に観劇習慣の違いにすぎないからです…

山縣太一×大谷能生『海底で履く靴には紐が無い』

横浜STスポットで上演されている山縣太一×大谷能生『海底で履く靴には紐が無い』は、繰り出されるダジャレも含めて極めて微妙な空気が流れ続ける作品で、一見して明らかに負担の大きい大谷能生に「よしおさん、大変っすね、がんばってくださいね」と激励の言…

ロロ『ハンサムな大悟』

童貞のまま30歳になると魔法使いになれる、という俗説があるけれど、別に童貞を捨てても魔法使いになれることを、この舞台は証明した。 ロロ『ハンサムな大悟』は、珍しく(初めて?)劇団員だけでつくられた作品であり、原点回帰の意味合いも込められていた…

六本木アートナイトのスイッチを考察してみる

明日からしばらくマニラなので旅支度をしなければならないのだが、心残りがあるので日本にいるうちに走り書きになるけれど記しておきたい。六本木アートナイトでのスイッチ総研(2015年4月25〜26日)について。大健闘だったと思う。六本木の街を疾走するスイ…

コラボレーションと失敗について マームとジプシー『ヒダリメノヒダ』から

マームとジプシー『ヒダリメノヒダ』は最近のマームの中でも特に思うところ感じるところのある作品で、できれば橋本倫史による力作の上中下三巻組ドキュメント本を読み終えてから言及したかったのだが、さしあたって公演が終わりネタバレを怖れる必要もなく…

20150322 世田パブ・批評課初日、地域の物語

世田谷パブリックシアター演劇部 批評課、初日。http://setagaya-pt.jp/workshop/2015/03/post_341.html いろいろあるけど、簡単に。中学生、おもしろい! いろいろなものがこれから出てきそう。やはり別のワークショップから生まれた『地域の物語』の舞台を…

サンプル『蒲団と達磨』、素晴らしい、だが今なぜこの戯曲を?

「松井氏、ヤ軍初のフロント入り」というニュースの見出しを読んで、ヤンキースのフロント入り記者会見をする松井周の姿を想像してしまうくらい、何日か前にKAATで観た劇団サンプル『蒲団と達磨』(作・岩松了、演出・松井周)を引きずっている。後に尾を引…

20150222 Not just talking!

少し遅めに起きたアイサと横浜駅に行って大関の味噌煮込みうどん。そしてYCATのバスターミナルまで、うちのドラマトゥルクと共に送っていく。アイサのポールはずしりと重かった。次に会えるのはいつどこの都市でだろう? 東口から西口へ。STスポット、手塚夏…

岡崎藝術座『+51アビアシオン, サンボルハ』

近頃は、個別の作品について”のみ”書くことへのモチベーションも時間もほぼ失われており、優先しなければならない課題が他に山積みなのだが、それでも岡崎藝術座の『+51アビアシオン, サンボルハ』については、誰からの依頼もないにもかかわらず書いておかな…

20141007 しゃっくり

本牧にとある交渉ごとに行く。しゃっくりが止まらなくなる。時間的に余裕がないのはよろしくない。なんとか岸井さんのFでのイベントのラストに滑り込み。岸井大輔『戯曲祭礼桜木氷取』は非常に、近年のわたしが知るかぎりでの「戯曲」の概念から解き放たれて…

20141004 未来の演劇

大道寺梨乃『ソーシャルストリップ』初日。一夜明けて一気に完成度が高まり、素晴らしい作品になった。日本的な閉塞感に囚われない、自由な演劇。観客の存在を無視しない、未来の演劇。丁寧に身の回りの小世界をすくいとりながら、それらの物語の破片が広大…

20140928 仏

半分くらいアーサー王の物語に溶けていた明け方、目を醒ましてメールを見ると、日夏さんからとある指令があり……。というわけで日夏ユタカ「競馬しぐさ」前哨戦では、とある役割を演じたのですが、本番(10/26 菊花賞)でもまたやるかもしれない。やらないか…

20140927 1500年前

あまりに発作がひどいので、いつもの温泉銭湯へ。3月いっぱいで休館することを知り、少なからぬショックを受ける。まあ、変化に応じて生きていくしかないわけですね……。そこから糸電話プロジェクトの2日目へ。初日よりテクニカル面やコンセプト面はかなり向…

20140925 エラー

サンプルの『ファーム』を観に池袋へ。ひさしぶりの観劇だった。面白かった。価値観の凝り固まりそうなところがほぐされる感覚があり、松井周さんが「マッサージ」と言ってたのもあながち嘘ではなかった。 夜は演劇センターFでシビウ国際演劇祭の報告パーテ…

20140823 エスニックナイト、アートでコミュニティと向き合う?

Facebookに書き始めたものですが、また時系列を無視してこちらの日記に貼り付けます。 昨日(土曜日)の演劇センターFは恒例のエスニックナイト。幾つかのイベントが乱立するのは、フェスティバルである以上は避けられないことだし、それだけ多様・多層・多…

20140527 マンハイム7日目

ホテルのランドリールームに行ったのだが今ひとつ使い方がわからず。従業員に教えてもらう。スリランカ人の彼が、お前は日本人か、ならばヤスシ・アガシを知っているか、と尋ねられ、わからなかったのだが、明石康のことか、と後で思い至った。そうなると彼…

20140526 マンハイム5日目

山口真樹子さんの案内で、野村政之くんと共にフランクフルトへ。マティアス・ペースが芸術監督に就任しているMOUSONTURMを訪ねる。ドラマトゥルクのマルクス・ドロスが劇場を案内してくれた。非常にキュートなデザイン。そして、屋上の眺めが最高! マティア…

20140525 マンハイム4日目

マンハイム4日目。日曜日はふつう(宗教的な慣習のため)閑散とするらしいのだが、この日はお祭りだったため、目抜き通りのプランタン通りは賑わっていた。 まずレクチャー「Post-mortem:the dangerous liaisons of terror and performance」。スピーカーRus…

20140524 マンハイム3日目

さて日記を再開しよう。今は本当は8月9日で、高知にいて、台風が迫っている。この場所と時間において、マンハイムの「日記」を書くのはなんか変やけどね。 朝、「フェスティバルは誰のものか?」というシンポジウムを聴くために郊外の会場まで足を運んだが、…

20140523 マンハイム2日目

目覚めて、ホテルで朝食。ほぼ毎日、8時半から9時くらいに起きていたので、この日もそうだろう。食堂では同じホテルに宿泊している面々に会うので、なんとなく話しながら食事するのが朝の始まりになっていた。 クアドラーテの中心部、パラーデ広場(Parade P…

20140522 マンハイム1日目

さて、マンハイムでのTheater der Weltについて幾つか原稿を書く予定があり、さらに演劇センターFでの報告会もあるので、記憶を呼び覚まそうと思って日記をひさしぶりに再開したわけだが(今これを書いているのは7月28日)、書き始めてみたら予想よりも細部…

20140518 快快『へんしん(仮)』

なんとか合間を縫って、こまばアゴラ劇場に快快『へんしん(仮)』を観に行く。とても快快らしいものを感じたというか、勇気をもらったように感じた。これはリーダーよんちゃんの性質によるところが大きいのかもしれないけれども、すごく、プリミティブに演…

20140510 大岡川を源流まで歩くPART2

とうとう日記を2ヶ月遅れで書くようになってしまった。もう梅雨が明けようっていうのに。 さてこの日は、「金沢八景から大岡川源流氷取沢まで演出家市原幹也と劇作家岸井大輔と歩く」第2弾。前回のレポートはこちら。今回は金沢八景駅に集合し、八景島や金沢…

20140509 エスニックナイトは演劇である

Fの制作である横井貴子嬢が企画したエスニックナイトvol.0。おー、これは! 予想していた以上の大ヒット企画。まず買い出しから始まる。横浜橋商店街の、韓国、中国、台湾、タイ、フィリピンなど、様々な食材店を訪ねて、お店の人とやりとりしながら買い物を…

20140505 海外活動報告会vol.1 多田淳之介:韓国

象の鼻テラスにて、演劇センターFのメンバー5人が集結。ままごと柴幸男くんたちのシアターゾウノハナをなんとなく見学しつつ、今後の相談。そのあとFに流れて、出前をとって腹ごしらえをしたあと、「海外活動報告会vol.1 多田淳之介:韓国」。これまでの多田…

20140504 川上未映子×マームとジプシー「まえのひ」ツアー最終日

川上未映子×マームとジプシー「まえのひ」ツアー最終日マチネ@歌舞伎町・風林会館。素晴らしかった。当パンに入っていた沖縄の貝殻が印象的。自在に憑依と覚醒をあやつる青柳いづみはもちろんだが、音響のzAkさんも含め、マームメンバーたちのチームワークの…

20140503 学生演劇

MM嬢の入学祝いもかねて、彼女が手伝っている桜美林大学の学内公演を観に行った。不思議の国のアリスをモチーフにしたもので、30分程度の小作品。最後、劇場のドアがぱーんとひらいて、そこからヒッチハイクして新宿に向かう、という話だったのだが、もちろ…

20140502 東葛スポーツ『バック・イン・ブラック』

ほんとうはFに行く予定だったが、風邪をこじらせてしまったのでお休み。夕方になってようやく少し回復したので、マスクをして東葛スポーツ『バック・イン・ブラック』へ。うーん、確かに東葛節(?)が効いているところはもちろんあるし、次回の予告編とかも…

20140430 くりかえし

竹本真紀個展『くりかえし』。天井付近に設置されているオブジェを、最初、見逃していた。やっぱり演劇を観るのと美術のインスタレーションを観るのとでは着眼点、空間把握の仕方とか、違うんだなあ、と当たり前のことを感じる。竹本さんの今回の絵は、ある…

20140427 ヨコトリ100日前イベント

横浜トリエンナーレ2014の100日前イベント。MARK ISみなとみらいと美術館の前で、大規模なLOGBOOKが展開された。特に興味深かったポイントは3つ。 1)ヨコトリのサポーターたちが海賊などの「役」を演じたということ。みんな楽しそうにやっていて、観ている…

20140424 変化

朝、久地岡さんが家具をいろいろ持ってきてくれて、演劇センターFに搬入。おかげさまで、だいぶ雰囲気が変化した。そのあと下北沢のイーハトーボで山口真樹子さんにお会いして、マンハイム行きのことなどを少し相談。Theater der Weltでこれは観たほうがいい…

20140419 範宙遊泳『うまれてないからまだしねない』

徹夜明けでフラフラのまま、範宙遊泳『うまれてないからまだしねない』初日を観た。良い緊張感と、高い吸引力が漲っていた。開演前から久しぶりに昂揚していたのだが、その期待が裏切られることはなかった。彼らは今、上昇気流を獲得している。変に浮ついて…

20140414 岸田國士戯曲賞授賞式

朝、急な坂スタジオで、坂あがりスカラシップのアーカイブについてのミーティング。このスカラシップがコンテンプラリーな舞台芸術に対して果たしてきた役割は本当に大きい。今後のアーティスト支援を考えていく上でも、このアーカイブは貴重な資料になるの…

20140412 大岡川を源流まで歩くPART1

「演劇センターF開館記念花見 大岡川を海から源まで演出家市原幹也と劇作家岸井大輔と歩く」。今日はひとまず歩いて今後に向けてのリサーチ……と考えていたけれど、予想以上に刺激的な展開となり、これ自体を演劇作品と呼んでも差し支えない、と言えるだけの…

20140403 AMD『3』

某作家が演劇センターFを訪ねてきた。雨の黄金町を案内。レストランことぶきで洋食を食べたり。ある相談事を受けて、どうやら一緒にここで何かやれることになりそう。そのあとTさんの案内でとあるスペースを見学に行くなど。素敵なコレクションを見せていた…

20140402 最初のイベント

象の鼻テラスで、ままごとのお昼寝誘発ダンスを体験。ほんとうに、少し寝た。 演劇センターF開館記念イベント「で、市原君、何するの?」(市原幹也×岸井大輔)を開催。20人近い人が来てくれて、盛況となった。この場所というものに対しての、熱い期待のよう…

20140401 演劇センターF、はじまる

朝、とあるスカイプ会議。具体的に何かを動かせるものではなく、ロシアとアメリカの外相会談のようになってしまったけれど、まあしかし積み重ねが大事ですよと。 演劇センターFがいよいよオープンする。象の鼻テラスのままごとのワークショップを少しだけ見…

20140331 鳥公園『緑子の部屋』東京公演

大荷物を背負って移動。長旅だったな……。御徒町で地下に入って刀削麺。ずいぶん待たされたけども美味しかった。 鳥公園の東京公演千秋楽へ。最後の洗濯ひもが切れてしまうアクシデントがあったり、隣の人の咳が尋常じゃなく集中力を削いだりもしたけれど、作…

20140330 BLPワークショップ3日目

Borrowed Landscape Projectのワークショップ最終日。昨日に引き続いて、とあるダンサーさんと偶然セッションをすることになった(かなり刺激的だった)。この日は特に身体を細分化するエクササイズをしたせいか、あるいは3日目に至ったからか、だいぶ動きや…

20140329 BLPワークショップ2日目

Borrowed Landscape Projectのワークショップ2日目。昨日とはメンバーも変わった。今日が初参加の人も多く、最初はそれを気にしすぎてかpassiveになりすぎて戸惑った印象もありつつ、後半はだいぶ様々なコラボレーションが生まれていった。1分間のインスタレ…

20140328 BLPワークショップ1日目

この日から森下スタジオにレジデンスをして、Borrowed Landscape Projectのワークショップにレポーターとして参加。 「借景」についての何か作法を探っていくのかと思いきや、予想していたよりもダンスのWSであり、参加者もダンサーが多かった。多田淳之介演…

20140326 地点『ファッツァー』3回目

日中は四条河原町のあたりでひたすら仕事。空間現代の新しいアルバム(LIVE盤)を聴きながら原稿を書いてみたら、文体が、自分としては新しい形になった、ような気がする。要するに、複数の楽曲が同時に流れているような感覚で。ただ向かいに座っていた女の…

20140323 鳥公園『緑子の部屋』大阪公演、ココルーム

大阪へ向かう。梅田の地下で串カツを食べてから、芸術創造館で鳥公園『緑子の部屋』大阪公演楽日。冒頭の、絵画を説明するシーンからして奇妙な面白さがあった。不在の「緑子」をめぐってエピソードが連なっていく。何が真偽なのかわからないような話なのだ…

20140322 地域の物語、そして『ヒネミの商人』

世田谷パブリックシアターで地域の物語『介助するひと、介助すること』。年配の方々おふたりの「2年後」のやりとりのシーンが、シンプルだけどとても印象的だった。作為的に演じよう、とかしなくても訴えてくるものがある。終わったあとの1時間におよぶトー…

20140320 民俗芸能調査クラブ2回目

手塚夏子率いる民俗芸能調査クラブを観に、というか参加しに、STスポットへ。前回(先週)につづいて絵を描いたのだが、隣にいた手塚さんの動きにあおられるようにして、グリグリと、紙が破けるくらいの強さで描きつけた。なんだろうか、このグルーヴの伝播…

20140316 サンプル『シフト』

東京芸術劇場でサンプル『シフト』再演。いや、松井周のストーリーテリングの妙というか。確かに演劇の王道のようにも思えるし、本当に真性の変態だという感もある。あえて構造的に階層が分かれないで、同一平面上に複数の物語が混線するような状態が凄かっ…

20140315 佐々瞬『彼らとの対話(仮)』

blanClassで佐々瞬『彼らとの対話(仮)』。病床にいるみずからの祖母を、亡くなった祖父(満州帰りの経歴を持つ)を装って尋ねていく、というフリをした映像インスタレーション。映像内の時間が進むにつれて、祖母の病状が変わり、台本的に用意されているテ…

20140314 地点×KAAT『悪霊』

とある魅力的なミーティングにお誘いいただいたけども、仕事量・体力ともに不可能なので断念して家で仕事。 夜、地点×KAAT『悪霊』初日。ブリコメンドにも書いたように、あの長大かつ奇妙な小説をどうやって舞台に……?、と思っていたけども、想像以上に『悪…

20140312 r:ead、民俗芸能調査クラブ

朝、にしすがも創造舎でr:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)の最終プレゼンに参加。r:eadは相馬千秋さんが進めているプロジェクトで、この日はゲストコメンテーター的に朝の台湾チーム(ゴン・ジョジュン&ドゥ・ペイシー)のプレゼンだけ参加した。…