BricolaQ Blog (diary)

BricolaQ(http://bricolaq.com/)の日記 by 藤原ちから

diary

20130808 塩こんぶ

週末に黄金町で行う横浜トリエンナーレ課外活動(今回はLOGBOOK体験)のために、大阪のTACT/FESTにいる市原幹也くんと、ミーティングをスカイプで。ランチ食べそびれた、おなかすいたわ、という話をしていたら、ビールを飲むとほどよく糖分が入っていいので…

20130807 京急途中下車の旅

午前中、「mauleaf」が校了。やったー。京急に乗って金沢八景へ。日替わりランチのしそ巻とんかつみたいなのがすごく美味しかった。だいぶ長居してしまったので悪いなと思いビールを1本追加注文する。他の客の会話から、この駅前の広場が再開発されるらしい…

20130806 寛容について

8月6日の朝は毎年厳粛な気持ちになるけれども、そのわりには8月9日は軽視されすぎのようにも思うし、そう考えていくと、大事な日というものをずいぶん見落としているのではないかとも思えてくる。もちろんすべてを覚えていられないといえばそうだが、いや、…

20130805 みかん

とても淫靡な夢を見た。ホルモン青木の効果だろうか。夢のなかでよく登場する場所がいくつかあって、そのうちのひとつに、東京都内に友人たちとシェアをしているセカンドハウスがある。今夜はそこに泊まることにしたのだが、誰もいなくて、家は暗かった。布…

20130804 余生のはじまり

昼すぎ、黄金町エリアマネジメントセンターにて、横浜トリエンナーレサポーター課外活動のフリペ班ミーティング。しばらくご無沙汰してしまったけれども、まあ復帰、ということで。少し進んだかな……。いい感じの名前をつけたい。フリペに。ただ自分はあくま…

20130803 反復される藪の中

目覚めてから、スカイプ会議2連チャン。2つ目はビールを飲みながらやったので、終わってから布団でごろんと横になったら、気づいたら眠っていた。寝汗をかきながら、何か夢を見ていた。内容は思い出せない。花火の音で目覚めた。どこの花火だろう? 一瞬空が…

20130802 長い夢

長い夢を見た。夢のなかではいとこの女の子が、その恋人らしき男によって、胸に穴をあけられていた。それは残酷な出来事だったが、目覚めた時には不思議な清々しさがあった。わたしの場合、夢を見る、ということが最大の回復薬であるように思う。 温泉銭湯に…

20130801 火薬の匂い

朝からなんだか慌ただしい。夕方くらいに日ノ出町駅前のドトールに入ったら、偶然にも、急な坂スタジオに用事があったというとある人にばったり。少しのあいだお話しするなど。それにしてもこの日は謎の一日だった。そういえば横浜の花火大会があって、花火…

20130731 書く日

金沢八景の喫茶店にひさしぶりに行って、のち、いつもの温泉銭湯というパターン。ひたすら書く。何かいろいろ考えていたけれど、忘れてしまった。精力はほとんど原稿に注ぎ込まれている。

20130730 闇市的

夜、溝の口へ。某作家への取材。帰りに、ちからさんが好きそうな飲み屋街がありますよ、と言って連れていってもらったところは、マジで好きな雰囲気の飲み屋街だった。素晴らしい。その後にハシゴしたバーもなかなか良かった。ずいぶん癒された。

20130729 聞こえないのです

なにしろ朝帰りでもあり、腑抜けのようになっていたが、上京してきた母親と会う約束があったので、横浜駅で会う。いつものきしめん屋に行くことにして、彼女はせいろを食べて、わたしは味噌煮込みうどんを食べた。そのあと、近くのカフェでパフェを注文。わ…

20130728 シンポジウム富士見最終日

ゆうべほとんど川越の町を堪能できなかったので、朝起きて、小江戸エリアを歩いてみる。それからバスに乗って川越駅まで戻り、さらにふじみ野駅からバスでキラリ☆ふじみへ。楽屋に着いてみると、柿﨑さんが、今回の座組の面々を戦国武将になぞらえて、紙に書…

20130727 シンポジウム富士見1日目

明け方、激しい雷雨で一度目が覚めたけれども、再び寝て目覚めてみたら晴れていた。キラリ☆ふじみへ、ことこと電車に揺られていく。 東京デスロック『シンポジウム』富士見会場初日。やっぱり全然空間が違う。横浜に比べるとアウェイ感があるけど、どちらか…

20130726 ファイナルウェポン

行きの電車で原稿。稽古でゆうべの提案をしてみたら、なんかすっごく変な感じになった。あの場での自分の居方に変化が生じたのは確か。実際に本番で使うかどうかはともかく(たぶん使わない)、ファイナルウェポンってことで抱えておこうと思う。 さてどうな…

20130725 フィールドワーク富士見野

早起きして、水道代払って、いつものファミレスへ。遅番のおかーさんが、小さな子供たちと一緒に朝食を食べていた。しばらくしてから、わざわざこちらに挨拶しに来てくれたので、ちょっと話す。お孫さんらしい。6歳の男の子と、9歳の女の子。夏休みなのだそ…

20130724 フィールドワーク富士見

カプセルホテルの大浴場が快適だったので、リフレッシュして再びキラリ☆ふじみへ。富士見が地元というキラリのYさんに案内してもらって、難波田城資料館や水子貝塚公園へ。思いのほか面白くて、小学生の時、歴史クラブに入ってたのを思い出した。そして手打…

20130723 稽古再開

富士見会場に向けて稽古再開。キラリ☆ふじみへ。遠い。稽古の最後のほうでのとあることで、一気に疲れがぶり返した感があった。なるほど自分にとってしんどいのはこのあたりかもしれない。とはいえやらざるをえないのがつらい。 凄い雨だったので、車で送っ…

20130722 短い休暇

休みの日だけれども、仕事をする気力体力も、どこかに観劇に行ける余裕もまったくない。まずは回復に徹しよう……と思いつつもどこに行くか決めかねて、ひとまず沖田みやこ嬢を横浜案内することに。黄金町〜横浜橋商店街〜角打ち〜寿町〜中華街〜KAAT。みちみ…

20130721 『シンポジウム』8日目

朝、投票を済ませて、2匹の猫を見かけた。横浜会場最終日。この日は観察する時間が長かった。きたまりとはこれでさよなら。面白い人だった。またいつかどこかで会うでしょう。 ひとりで弘明寺へ。温泉銭湯のテレビで選挙速報を見て、もうこのまま眠りたいと…

20130720 『シンポジウム』7日目

この日は、参議院選挙の前日ということでもあり、投票用紙を小道具に使ってみたりと、ちょっと趣向を変えてみたけれども、とにかくお客さんの幾つかの好プレーが光った、というところに尽きるように思う(そのために上演時間が少し延びたくらいに)。MM嬢が…

20130719 『シンポジウム』6日目

0-0からのPK戦、のようなくるしい回だったけれども(だからこそ?)これまでの中で最も充実感があった。点の取り合いだけがサッカーではない(何の話だ?)。最後のゴールを割らせない、というプレーの数々には何か感動的なものがある。もちろんそんな感想は…

20130718 『シンポジウム』5日目

休演日明け、ということで開場直前までアップをした。際どい状態ではあった。おそらくこの作品にとって必要なプロセスなのだろう、とはいえ、そういう役回りをせざるをえないことに関しては辛い部分もある。できればただ天真爛漫でいたいのだ。まあ、でも、…

20130717 休演日

休演日。疲れが凄まじかったので、とりあえず癒そう……、と思ってひさしぶりに京急の下り列車に乗る。金沢八景のいつもの喫茶店で生姜焼き定食をいただいたあと、三崎口まで行って、さらにバスでソレイユの丘へ。湯舟につかりながら、しばらく渡り鳥の群れを…

20130716 『シンポジウム』4日目

柿崎さんのハッスルぶりが(いい意味で)目立ったものの、この日のパフォーマンス全体については不満もあり、何人かのお客さんを置き去りにしてしまったのではないかと反省する部分もないではない(……と、微妙な言い回しになってしまうのは、どの状態が成功…

20130715 『シンポジウム』3日目

この日の消耗ぶりは凄まじかった。終わってみんなで中華街に行って、麻婆豆腐や紹興酒を楽しみ、最後は疲労と酔いとで寝ちゃったけども、そこから別れてひとりになっていつもの温泉銭湯へ流れて、湯舟に沈んでつかれをとる。 批評が欲しいな、と切実に願う。…

20130714 『シンポジウム』2日目

星のうどんを食べてからSTスポットへ。初日とは全然違う雰囲気で、得られたものも全然違った。よしおさんの愛の話がとてもよかったと思う。やっぱりこの場が、ものすごくお客さんの影響を受けてしまう。それでいいのかどうか。 疲労感はそんなになく、馬車道…

20130713 『シンポジウム』開幕

東京デスロック『シンポジウム』初日。無事に幕開けした。様々な発見があった。デスロックを初めて観る、という方も思ってたよりけっこういたみたいで、それぞれのモチベーションをもってこの場に臨んでくれているのだな、ということがわかった。観客のこと…

20130712 作戦会議

ゲネプロ。かなりドラマチックな展開が生まれた。とりあえず、きたまりとのあいだにある種のホットラインが生まれた、という手応え。あとはお客さんが入ってどうなるか。そして、毎日これを反復していくということをどう引き受けていくのか……。 よしおさんと…

20130711 本田のいない日本代表

ひさしぶりに乗りたくなったので、自転車で横浜駅のSTスポットまで行くことに。桜木町経由では行ったことあったので、三春台から藤棚、戸部、平沼橋を抜けていくルートにしてみた。最初の坂がまさに心臓破り……。 稽古は終盤で大谷さんが仕事で抜けて、やっぱ…

20130710 マンゴービールと枝豆

午前中、けっこう書けた。リカバリーの効果はあったらしい。ギリギリまで書いて稽古場へ(ちょっと遅刻してしまった、ごめんなさい)。 不安のようなものは昨日くらいで消えたので、あとはいかに楽しむか、いかにスリリングな状況を生み出せるかだな、という…

20130709 休肝日

午前中は、書いていたけど暑くてあまりはかどらず……。昼から稽古。夕方、共産党委員長が横浜西口高島屋前で演説をするというので、フィールドワークの一環として観に行くことに。いろんな意味で興味深かった。 夜はすっかりくたびれたので、饗宴はひらかず、…

20130708 メンバー集結

残りのメンバーがぞくぞくと集結。ついに横浜公演のメンバーが勢揃いしたのだった。伊勢佐木町の某居酒屋にみんなで飲みに行く。なんたる饗宴感。この店は、よしおさんにとって大事な店らしい。 そのあと、ヤスと2人で翠葉に飲みにいって、さらにコンビニ前…

20130707 小屋入り

早起きしたので、午前中、温泉銭湯で疲れをとり、稽古へ。いよいよSTスポットに小屋入り。生まれて初めて平台を運んだ。 DVDでみんなでまた想田監督の『選挙』を観る。『選挙』と『選挙2』の被写体である山さんの変化が凄まじくて驚く。そして監督の姿勢の変…

20130706 選挙2

『シンポジウム』メンバーで渋谷に合流してイメージフォーラムで想田和弘監督の『選挙2』を観る。初日ならではの熱気。実にスリリングな映画だった。郵便局のシーンと、ラストは、涙なしには観られなかった。 終わった後、みんなでピザ&パスタを食べにいく。…

20130705 紙風船文様@巣鴨教会

森下スタジオで稽古。昨日のプレシンポジウムでの、観客の反応を受けての振り返り。あとは、小屋入りするまで特にすることないね、という話になり(これは多田淳之介の演出を考えるうえで重要な事実であると思う)、佐山さんの提案で、亀戸のホルモン青木に…

20130704 プレシンポジウム

にしすがも創造舎で稽古をして、のち、お客さんを入れての「プレシンポジウム」。無料とはいえ、そして関係者も込みとはいえ、出演者以外に25人くらいの人が集まってくれた。収穫は大きかった。来てくださった方々には本当に心から感謝。 いろいろ思うところ…

20130703 日常とは

稽古場に着くなり、佐山さんの「行こう行こう!」のひと声でいわきに行くことが決定した。佐山さんの自由っぷりはなかなか凄いなと最近思っている。ともかく、10人乗りのレンタカーで一路、東北へ。最初はみんなだいぶはしゃいでいたけれど、いわきに着いた…

20130702 いつも可愛い南京豆

今日から本番まで毎日稽古。にしすがも創造舎へ。7/4のプレシンポジウムに向けていろんなパターンを探る。「in Tokyo」なので、東京の話にこの日はこだわることになりそう。でも、東京がダメ、みたいなよくある話もしたくないので、東京の魅力があるとしたら…

20130701 最後のオフ

14時間も眠った。弘明寺の温泉でしばらく黙々とぼーっとしてから、ファミレスで朝までひたすら書く。いろんなお客がやってきた。暗闇と光とがこの場所にはあるのだと思う。原稿はほぼ仕上がったけれども、最後のピースがはまってない感じが否めない。

20130630 新しい生き物

黄金町の駅前の立ち食い蕎麦屋で、ざるそばを食べながらテレビを見ていたら、羽田空港のそばでしじみが採れるようになったところ、その漁業権をめぐって争いが起きている、という話が放送されていて、それで「マームと誰かさん」の今日マチ子さんの回の、あ…

20130629 見逃す

ほんとうは、恵比寿でやっている三野新くんのパフォーマンスを観に行きたかったのだが、事務仕事をしていたら間に合わず……。5月〜6月は、若い人たちの実験的な作品をだいぶ見逃してしまった。単に東京が遠い、ということが理由だけではないと思う(横浜のも…

20130628 ゾーンにて

寝る前に送った原稿、さっそく京子氏が読んでくださって面白い!と感想をくれて、さらに担当編集の不夜嬢からもお褒めの言葉をいただいたので、まずはひと安心……。 そしてムサビへ。遊歩道のところでピグマリオン効果の志村知晴さんにばったり会った。吾妻橋…

20130627

この日もまた、飲みのお誘いを断った。ぬう。天気がいいので、洗濯をしまくる。 そして「暇すぎて地平線が見える」と謎の電話をかけてきた某女子から、三吉橋にある銭湯がなかなかいいらしい、との噂を聞いたので行ってみた。たしかに露天風呂もあり(隣の家…

20130626 『モラトリアム』→『シンポジウム』

東京デスロックの1年前の作品『モラトリアム』について書いた劇評が「wonderland」に掲載された。基本的には、これまで、作り手がどういうことをしているか、にフォーカスを置いて文章を書くことが多かったので、観客(観察者)についてここまで書くのは初め…

20130625 こりっちグランプリ発表

変な夢を見た。ABCというパラレルな(お互いに同居しえないはずの)矛盾した3つのパターンが、同時にある場所に共存していた。もしかしたら人間は、複数の夢を同時に見る、ということをたまにしているのかもしれない。 CoRich舞台芸術まつり!2013春の結果が…

20130624 神はいるのか?

都民ではないけど、都議会選の結果には「やっぱり」という気持ちと「うへえ」という気持ちがないまぜになる。このまま参院選に雪崩れ込むのか。(脱原発、反軍事化など)左派寄りの、だが他党との交渉を閉ざしているわけではないリベラルな中道政党がいない…

20130623 フリペ班始動

飲み過ぎて、ゆうべ、メールでいらんこと言い過ぎたせいか、朝起きて、ひさしぶりに憂鬱な気分になっていた。わかってほしい、という気持ちと、自分の「正しさ」を他人に押しつけるのとは、ほんと紙一重だな……そんなつもりはないのに。ともあれ、劇評の締め…

20130622 わらび餅

twitterに書くのが面倒になっていて、あまりつぶやいていないので、後日、こうやって記憶を呼び起こす時に少し戸惑ってしまう。だいぶ時間がかかる。twitterにはもちろん書いてないことだらけなんだけど、どうやらあるつぶやきには、その背後に隠された様々…

20130621 マーム・チリ公演報告会

金沢八景の喫茶店へ。ここは本当に仕事がはかどる。変な話だけど、いきなりこの人に求婚したらどうなるだろうか、と思った。文脈を全然共有していないけど、雰囲気だけで判断してしまって、もうそれを必然として受け入れる、という人生があってもいいのかも…

20130620 稽古2回目

東京デスロック『シンポジウム』の稽古(わたしが参加するのは)2回目。前回に引き続いてのことをする。手応えも感じた。なんとなくひとつの方向性の糸口は見えてきたかな……? 終わってみんなで一杯やって、帰りの電車でもわいわいと盛り上がる。 自分を救う…