読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BricolaQ Blog (diary)

BricolaQ(http://bricolaq.com/)の日記 by 藤原ちから

2016年5月12日、追悼

今日5月12日はある人の一周忌で、花を捧げに行こう、と出かけようとしたその矢先に、ある演出家の訃報に接した。遠からずそうなるだろう、と予期していたけれど、やはりショックを受けたのは事実だった。偉大な、とか、世界の、とか、冠をつけたくなるような…

20130926 番台の婆さん

ささやかに部屋の片付けをしたり、束の間の晴れ間に布団を干したり。そして郵便物を郵便局に届けにいったのだが、考えてみれば別の町にもやはり郵便局はあるのだから、どうせならそっちに行ってみればよかったと思った。きっと同じようなATMの機械音が鳴っ…

20130925 悪夢

悪夢を見て目が醒めてしまったので、2日前の日記を書く。まあ悪夢とはいっても、愛すべきところがあった。友人の某競馬ライターが、近所の飲み屋で、今日はお金もあるし帰りたくない、的なオーラを発しており、じゃ、いったん荷物だけ置いてきまーす、と浮か…

20130924 月光のつゝしみ

黄金町のあたりに、ソ・ヒョンソクさんがいるのを見かけて、簡単にご挨拶する。10月の急な坂スタジオの日韓合同公演に向けてのフィールドワークか何かだったのかしら。 ベローチェに入って、さて溜まっている日記に手を付けるか……と思ったところである人から…

20130923 スナックままごと

象の鼻テラスでのままごとワークショップ発表会、シアターゾウノハナ『象の思い出』へ。4、5、6月の同シリーズについては、『演劇最強論』の中の「「以後」の世界の演劇」でも少し触れているので、そちらをぜひ参照してください。今回はこれまでとは少し趣向…

20130922 仮面パレード、悪魔としるし

横浜公園と象の鼻パークのあいだで行われていたカーフリデーへ。パレードに横浜ボートシアターが参加するというので、どうしても観たくなったのだ。昨夜はいらっしゃらなかった遠藤啄郎さんをお見かけしたので、ご挨拶する。まさか自分が演劇について何かし…

20130921 仮面劇との再会

富士山アネットを観に行きたかったのだが、こんな体力では死んでしまう……。断念して夕方まで休んで、黄金町にちょろっと顔を出してから、横浜の悪友(?)こと久地岡さんに誘われてとある場所についていく。道中、なんだかキューブリックの『アイズ・ワイド…

20130920 常に最高の状態

渋谷に出て、ルデコで財団、江本純子の『常に最高の状態』。「アート」をちょっと揶揄するようなスピーディな会話劇で、くだらないネタのオンパレードなんだけど、その笑いが下品じゃないところがすごくいい。あたたかみがあるとゆうか。佐久間麻由が演じる…

20130919 横須賀散歩

この日も海岸の温泉へ。しばらく過ごしたあと、場末の飲み屋で一杯やって、横須賀へ移動。しばらくどぶ板通りのあたりをフラフラと歩いてから帰った。あの異国感……。2階の窓に片腕を乗せて、その光景を眺めている女がいた。 帰り、快特に乗ってしまい横浜駅…

20130918 AnK『SUMMER PARADE』

AnK『SUMMER PARADE』のアフタートークへ。こないだの岡室美奈子さんのトークに刺激を受けたのと、あと東京デスロックの『シンポジウム』で最後に多田淳之介がやっていたことのパクリで、1分間だけ、みんなで沈黙して芝居のイメージを反芻する、とゆうことを…

20130917 長いモノに巻かれる

悪い芝居(カンパニー名)を観にいくならこの日しかなかったけど、身体がもう限界なので、いつもの喫茶店でひとつ日記を書いたあと、海岸沿いの温泉で過ごす。ひとりの時間は大事なのね、とあらためて。帰り際に、花火を海に発射している誰かを見た、という…

20130916 親睦会

連日の疲れがたまっているのがわかる。台風が来ていたので、2時間遅れのスタートになった横浜トリエンナーレサポーターフリペ班の会議。のち、そのまま飲み会。また今日味居へ行った。メンバーそれぞれの意外な趣味や過去が聴けて面白かった。言いたいことを…

20130915 夏の終わりの妹

夢が、池袋に向かえと告げていたので、台風の恐れはあったけど行ってみる。夢は時々、自分の無意識を露骨に突きつけてくるらしい。とにかく後悔のないように。 遊園地再生事業団の『夏の終わりの妹』。今作はボーリング場にも似た5つのレーンの上を、俳優た…

20130914 3歩すすんで2歩さがる

250km圏内(カンパニー名)も観に行きたかったけど、横浜にいる、とゆう選択をした。市原幹也と竹本真紀の『3歩すすんで2歩さがる』のオープニングトーク。この企画が何をやるのか、依然として全貌はよくわからないけども、つまりは、竹本さんのスケジュール…

20130913 地点『レンツ』

夕方から、赤坂と青山の中間あたりにあるドイツ文化センターで、地点の『レンツ』を観る。リーディング公演、との触れ込みだったけれど、いやいやただ「読む」わけでは全くなく、地点のさらなる進化型、つまりは、地点語の音楽化をまざまざと見せつけられる…

20130912 GsQへの極私的コメント

この日はムサビで「mauleaf」の打ち合わせをして、そのあと2人とエミュウ(ムサビ内のカフェ)でお茶をした。人生山あり谷ありだよ、なんて簡単にも言えないし、甘い言葉を囁くのも無責任だと思うけど、まあ先は長いので、あんまり思い詰めないで欲しい。少…

20130911 『演劇最強論』刊行にあたって(裏)・批評家と作家の関係について

ひさしぶりに日記を書く。どうも日記を書かないと循環が滞るらしい。記憶をたどってみる。そう、この日は『演劇最強論』の発売日だった。昼間は温泉銭湯に籠もって仕事をして、夜は、伊勢佐木町のお好み焼き屋で、横浜トリエンナーレサポーターのリーダーた…

20130910 余計なお世話(感想/批評について)

パスポート更新手続き。憂鬱だったせいで、証明写真がひどいマヌケ顔になってしまった。10年もこの顔と付き合うのかと思うといささか気が滅入るけども、元々がマヌケなんだから仕方ないよねと諦める。三吉橋、野毛などを渡り歩いて本を読む。『演劇最強論』…

20130909 オリンピックに賛成の反対なのだ

元来の怠け者に加えて、いよいよ馬鹿になってしまったか、と思うことがある。「寝れば治る」とか、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」みたいなところが自分にはあって、そういう楽観主義はわたしに残された数少ない美点かもしれないが、同時にそれは、何も積み重…

20130908 青柳いづみ、『ソウル・フラワー・トレイン』

この日は朝起きてオリンピック東京に決定、のニュースを見ていろいろ思ったんだけれど、それについては長くなりそうだから次の日の日記に譲る。 大雨のなか、「初秋のサプライズーーユリイカ(青土社)×川上未映子×マームとジプシー」を観に行く。先に観たらし…

20130907 カプカプ15周年&バッカーズ

カプカプに着くと某嬢がお茶を飲んでいた。初めてここに来たという。まるで待ち合わせていたかのようなシチュエーションになったので、喫茶のNさんに「友だちの●●さんです、偶然会ったんだけど」と紹介すると、Nさんは「”友だち”じゃないでしょ。あんたもそ…

20130906 『演劇最強論』見本

武蔵小山のSTUDIO4で「キャロマグ」3号の打ち合わせ。その後、武蔵小山温泉に入ってから、牛太郎で内川君と待ち合わせをしてしばらくビールを飲んだ。隣の席の、アンチ・アサヒビールだというおっちゃんが面白かった。ドリフにいそうな雰囲気の人。「逆さク…

20130905 浦賀方面

正しく絶望する、という表現でいいのかわからないけども、きちんと鬱にひたりたいと思った。友だちの数はたぶん少なくないほうだろうけど、埋められない寂しさをきちんと噛みしめることをしないと、虚しい気持ちがいたずらに増幅する。今日は誰にも会うまい…

20130904 タツノオトシゴ

いつもの喫茶店。初めてお店の人から話しかけられる。もちろんイヤではないけれど、軽い混乱を引き起こしたのはなぜだろう。なんとなくこのお店では話さないものだと思い込んでいたのかも。 海沿いのバーでしばらく良い時間を過ごした。タツノオトシゴのミイ…

20130903 トニー滝谷

しばらくゆっくり話してなかったので、薫子氏に電話してみたら時間あるよというので関内駅近くのもつ焼き屋で飲んだ。海側のほうのみずほ銀行の隣にある立ち飲み屋で、初めて行ってみたけどなかなか美味しかった。薫子による「Qさん」とその主宰への愛情の言…

20130902 ブルーライトヨコハマ

上大岡まで自転車で。そういえば、まったり家がこのあたりに移転したはず、と思ってネットで場所を調べて行ってみる。ものすごく落ち着く空間だった。ごはんとコーヒーをいただく。途中、女の子たちがやってきて、犬が可愛い可愛いと連呼していた。失礼なが…

20130901 空(UTSUBO)

遠方のとある人とメールのやりとり。『演劇最強論』はどうしても特殊日本的なドメスティックな観点によって書かれているので(今回に関してはそれが悪いとは思っていない、ひとつの仕事としてとても重要だと思うから)、彼女のような人がどう読んでくれるか…

20130831 絵葉書

夕刻、謝罪を受け入れる予定だったのだが、先方が人身事故で遅れて、結局30分くらいしか時間がないという。最寄り駅の立ち飲み屋の、街路に面した席でひとりビールを飲んで待っていた。やっぱり時間が短すぎた。多少は、その人の声を聴くことができてよかっ…

20130830 『ゴッド☆スピード#ユー!』

東葛スポーツ『ゴッド☆スピード#ユー!』を観に行ったのだが、事前にブリコメンドに適当に(?)書いていた内容(http://d.hatena.ne.jp/bricolaq/#toukatu)とあまりにシンクロしていたので驚いてしまった。だからといって「予想通り」とかいうわけではま…

20130829 インタビューについて/戦争と夢と言葉について

KAATで渋さ知らズの不破大輔さんに取材(この公演のため http://www.kaat.jp/detail?id=7735)。20分ほど遅れて現われた不破さんにお会いするのは2回目で、最初はあうるすぽっとの企画で、日比谷公園でお話を聴かせていただいたのだった。この日はずいぶんリ…

20130828 馬車道にて

取材や原稿に関する準備の日。淡々と資料を収集する。ただ少しナーバスだ……というのは攻撃的ということではなく、ふとしたはずみに泣いてしまいそうなそれ。例えば関内駅のあたりを右翼の宣伝カーが回っていて、「ならず者国家・北朝鮮」をディスっていたの…

20130827 フィールドワーク2

まだ少し風邪っぽいけど、昨夜の大雨を経て、秋を感じさせる爽やかな天気だったから、外出たほうがいいなと思ってフィールドワーク第二弾。現地で広域地図を見て、なるほどこういう地理感覚があるんだな。 気になってた定食屋は、14時前に入ったのに満席の大…

20130826 とかくに人の世は

ほんとはとある人と会う予定だったけども、先方の都合でキャンセルに。風邪がまだ治らないので、近所の定食屋でごはん食べるだけでほぼ終わった。昼間、長文のメールをしたけども、結局その甲斐もない結果になった。夜に吹き込んできた凄い雨で、布団が濡れ…

20130825 フリペタイトル決まる

昨夜、っていうか今朝、歩き過ぎたせい、というよりも明らかな夏風邪で、目覚めたらぐったり。起き上がれない。しかし打ち合わせなのだ。横浜トリエンナーレ・サポーターのフリペ班のミーティング。90分ほどの議論の末に、ついに誌名が決まる。順を踏んで3回…

20130824 フラムドールのある家

早めに浅草に行って蛇骨湯でも寄ろうかなー、なんて考えていたのに、仕事をしていたら出遅れてしまって、桜井圭介さんによる吾妻橋ダンスクロッシングの10年を振り返るトーク(聞き手:野村政之)にギリギリ間に合う時間に。ちょうど、近所にお住まいのWさん…

20130823 外野として

世田谷パブリックシアターで、プリンちゃんこと、とみやまあゆみファシリテーターによる高校生WSの発表会を見学。去年、このWSにプリンに誘ってもらったおかげで、世田パブの人たちとの繋がりも生まれたし、もしかしたらデスロックに出演する(実演する)と…

20130822 「ライター」とは何か?

野毛のグリルで甲子園の決勝を見ながらランチを食べていたら、知り合いたちがひょこっとやってきた。ほんとによく会うなあ。のち、某所で打ち合わせ。面白くなりそう。異物としてやってくれればけっこう、というご依頼なので、正式にお引き受けすることに。 …

20130821 雹?

2週間くらい滞っていた日記を書いた。夕方、近所の定食屋に行って、雨が降りそうだったのでそのまま家に帰ってくる。なぜかこの定食屋に行くと、いつも雨が降ってくる。やがて雷雨がやってきた。雹のように、大粒の雨が叩きつけられる音がしていた。

20130820 体験と情報について

自由が丘で、産休に入るKさんと、N君とランチ。このメンバーで集まるのっていつぶりだろう。ちょっとした同窓会のようなところがある。ランチをこんなにゆっくりと食べたのもひさしぶり。 あれこれ話をした。作家との距離感についてとか。それについてはくど…

20130819 トバズニハ

世田谷パブリックシアターのユースパフォーマンスグループ・トバズニハの公演『コンパス、グルグル』を観る。キャロマグの次号で取り上げるということもあるけど、いやはや観られて良かった。去年の夏の高校生WSにも参加してた、よしこうやゆりの活躍に立ち…

20130818 サンパチ

弘明寺は3と8のつく日が縁日なんだよね、と近所の友だちから聞いていたけど、実際に遭遇したのは初めてだった。ちなみに1と6のつく日は黄金町のほうで縁日があって、このへんの子たちは、38(サンパチ)よりも16(イチロク)のほうにじゃっかんの優越感の匂…

20130817 吾妻橋DXファイナル

吾妻橋ダンスクロッシングへ。ひたすら飲み続けて、結局終電で帰ろうとしたら引き留められ、朝までコースになってしまった。ただ、最初はうっかり打ち上げに紛れ込んでしまい、よくなかったかなー、と反省しかけたのだが(千秋楽の打ち上げは関係者が気兼ね…

20130816 お悩み相談

いつもの喫茶店に籠もる。だいぶ長居してしまった。とはいえ相当、仕事ははかどった。それでまた杉田へ行って、ちょうど本を切らしていたタイミングだったので、駅前の古本屋で、『大正時代の身の上相談』を買ったらこれがめっぽう面白かった。それを肴にち…

20130815 循環のための日記

横浜駅のダイヤモンド商店街にあるチーズケーキの店で、不夜嬢にゲラを渡す。赤字が多かったので怒られるかな……と思ったけど案の定、多少ムッとはされたと思う。しかしこんなとき、編集者というのは、いろんなことの板挟みにされてつらいのだ、と同業者だか…

20130814 よさこい

昼、ファミレスで仕事をしていたあたりで、桜井圭介さんが高知のよさこいについて呟いていたのを観て、反論というかエクスキューズをする。高知のよさこいは元々わたしが幼い時からハチャメチャな爆音を流しているチームもあったけれども、いっぽうで正調の…

20130813 うまい棒

いつもの喫茶店でひたすら仕事をしていた。ちょっと凄まじい集中力で自分でもびっくりした。やっぱりお気に入りの店員さんが喫茶店にいる、というのは大事だと思う。自分が男子校にいた時に全然力を発揮できなかった、というのも今ではよく分かる。あれは牢…

20130812 喪失感を味わう

明け方、目が覚めてしまって、あまりの暑さに、寝付けない。それでなんとなく、「あまちゃん」の第一話をネットで探して観てしまって、いかん、これを一気観したら大変なことになるぞと思い、せめて『演劇最強論』が完全に脱稿するまでは手を付けないことに…

20130811 LOBOOKから南極

黄金町で、横浜トリエンナーレの課外活動に、講師として。今日はLOGBOOKをやるのだけど、市原君が不在なので、そのために市原君や、LOGBOOKチームの満岡さんと綿密に打ち合わせをしておいた。といっても問題は、暑さなのだが、我が班は、野村君作成のLOGBOOK…

20130810 観ていないものについて

温泉銭湯で黙々と仕事。夜、京急でまた杉田に行ってみたけども、こないだの店がもう閉まっていたので、別の立ち飲み屋に行ってみた。なかなかこちらもいい感じだった。食べログにも載ってないんだけど。 その店で、『演劇最強論』担当編集の不夜嬢が書いた文…

20130809 cocoon

池袋の東京芸術劇場に行くと、某・通りすがりのプロデューサーがいらっしゃったので、アトリウムのあたりで少しお話ししながら、開演を待つ。 マームとジプシー『cocoon』。凄まじい圧を持っている舞台で、途中でくるしくなって外に出たいと思ったけれども、…